財団

シンガポールを拠点とするグローバル・スクールズ・ファウンデーションは、将来のグローバル・リーダーとなる若い心を育成し、育成することを使命として誕生しました。

当財団は、2つのインターナショナルスクールを運営しています。GIIS 東京は、東京で最も優れたインターナショナルスクールの一つとされています。

グローバルインディアンインターナショナルスクール

グローバルインディアンインターナショナルスクール (GIIS) は、シンガポール、マレーシア、日本、タイ、アラブ首長国連邦、ベトナム、インドを含む7カ国に22のキャンパスを持つ、受賞歴のある学校の国際的なネットワークです。GIIS では、幼稚園から12年生まで、インドと国際的な教育法による複数のカリキュラムを提供しています。当校では、ナーサリー、K1、K2を対象としたグローバル・モンテッソーリ・プラス(GMP)プログラムを提供しています。

インドのカリキュラムを希望する生徒には、幼稚園から12年生までのCBSE(Central Board ofSecondaryExamination)のシラバスを提供しています。

生徒の都合に合わせて、インドのカリキュラムから国際的なカリキュラムへのジャンプや、その逆も可能です。

詳細はこちら

ワンワールドインターナショナルスクール

ワンワールドインターナショナルスクール (OWIS)は2008年にシンガポールでスタートしました。現在、OWISはシンガポールに2つのキャンパスを持ち、日本の東京にもキャンパスがあります。 当校は、70カ国以上の国籍を持つ1,300人以上の生徒が在籍しており、多文化と共学の豊かな環境を生徒に提供しています。OWISでは、低学年と初等部では、IBプライマリーイヤープログラムに沿った教育を行っています。中学年では、16歳から18歳までの生徒を対象としたIBディプロマプログラムにつながるIGCSE(中等教育国際総合証明書)のコースに進む前に、生徒のための健全な基礎を提供するために、探究的なアプローチで構成されたカリキュラムを提供しています。

詳細はこちら

GSFの取り組み

グローバル教育センター (GCEE)

2008年の設立以来、グローバル教育エクセレンスセンターは、教育の卓越性における最高水準の確立に尽力してきました。このセンターでは、キャンパス全体の学生と教師の学習と教育の質を監視し、分析し、改善しています。また、キャンパス全体のプロセスの設計、実施、見直し、標準化を行い、内部監査や優れた運営と監査のための研修プログラムを実施しています。長年にわたり、GSFの学校が150の賞を受賞するのに貢献してきました。

チャンドゥ・ボルデ・グローバル・クリケット・アカデミー(CBGCA)

元インドのクリケットキャプテンでありGSFの後援者でもあるチャンドゥ・ボルデ氏の指導の下、チャンドゥ・ボルデ・グローバル・クリケット・アカデミー(CBGCA)は、クリケットの専門家を通じてクリケットのゲームに磨きをかけ、向上させる機会を学生に提供するセンターです。このアカデミーでは、各学校から最高の選手を選抜し、リーダーシップ、協調性、ゲームマンシップなどの特別なトレーニングを行い、国内および国際基準の選手に育て、最高の選手と競争できるようにしています。

マハトマ・ガンジー普遍的価値観センター(MGCUV

普遍的価値観センターは、マハトマ・ガンジーの教えを受け入れ、教えることで、学生に平和への情熱を鼓舞するために活動しています。私たちは、それらに普遍的な価値観を植え付けることが含まれている学生の総合的な開発を信じています。ガンジーセンターでは、平和、社会的統合、環境保護の理念を学び、実践しています。

今すぐお問い合わせ