安全・安心
GIIS東京のシステム

GIIS東京の安全・安心システム




東京にある多くのインターナショナル・スクールが同様の課題に直面している。GIISは、生徒と教師がキャンパスに入った瞬間から帰るまで、十分なセキュリティー層を確保できるよう、十分な対策を講じている。各レベルは伝統的なものと現代的なものの組み合わせであり、適切な思考と配慮の後に実施されている。

安全な出入口

伝統的な守衛所は、当校のキャンパスにおける最初の基本的なセキュリティ・レベルであり、24時間365日、門の前で警戒を続け、インターナショナル・スクールの敷地内への訪問者の出入りを規制しています。

。これに加えて、バイオメトリクス作動の改札口がキャンパス周辺のすべての門に設置されており、適切な身分証明書を持つ許可された人物だけがグローバル・インド・インターナショナル・スクールに入場できるようになっています。この回転式改札機は、全スタッフと生徒のために特別に作られた身分証明書をタップすることで作動する。これにより、すべての門が常に監視されています。

顔認識

この機能は日本のGIISインターナショナルスクールに導入され、生徒の安全だけでなく、私たちのデザイン哲学の中心に生徒を据えている。

近未来的な学校には、正確な規模で仕事を確実に行うための近代的なインフラが必要である。顔認証機を設置することで、2つの目的が解決されます:生徒は顔認証で出席を記録することができ、同時にデジタルフットプリントによって学校側は生徒が校内のどこにいるのかを確実に把握することができます。

また、教室のドアが安全で、美顔器によって認識されない部外者が出入りできないようにする。このように、この機械は教室の施錠システムの役割を果たしている。

身分証明書

従来の身分証明書は、キャンパスにおける第三のセキュリティ層です。私たちのチームは、最新の生体認証技術と顔認証技術を組み合わせたネクストジェン・スマートカードを作成し、非常に安全でセキュアでシームレスなデジタル体験を提供しています。

この身分証明システムにより、学生はIDカードを使って、教室での毎日の出席のためのタップ、特別スタジオへのアクセス、キャンパス内のすべてのカフェテリアでの飲食物のキャッシュレス決済などのデジタル取引を行うこともできます。

キャンパス内には300以上のアクセス・コントロール・ポイントが設置され、150以上の顔認証システムが内部アクセス用に導入されている。

監視カメラ

すべての出入り口を含むキャンパス全体に600台以上のCCTVカメラが配備され、24時間体制でキャンパス内の動きを監視している。

セキュリティーカメラは、生徒とその持ち物にとって、より高いレベルの安全性を提供するものであり、生徒だけでなく、キャンパス内の訪問者の動きも監視している。カメラは教室内にも設置されている。

このような警戒態勢により、学生はキャンパスに入った時点で安心感を得ることができ、保護者はキャンパス内のすべての活動が監視されていることに安心することができる。

×
ポップアップ
×
×