東葛西キャンパス

東葛西キャンパス

江戸川区の中心部に位置する広々とした緑豊かなキャンパスは、学業と能力開発に重点を置いた最先端の日本のインターナショナルスクールです。

受賞歴のあるキャンパスは、500人以上の生徒が通う学びの殿堂であり、その半数近くが日本人です。このインターナショナルスクールの多文化環境は、地元の文化と国際的な意識のバランスがとれており、生徒たちに複数の国際的なカリキュラムを提供することで、質の高い教育を提供しています。

東葛西キャンパスでは、さまざまな国際カリキュラムを提供しています。国際バカロレア初等教育プログラム(1~5年生)、ケンブリッジ大学中等教育プログラム(6~8年生)、ケンブリッジ大学IGCSE(9・10年生)、そして世界的に権威のあるインド中等教育委員会のプログラム(6~12年生)の中から選ぶことができます。また、2020年9月にはIBディプロマ・プログラムの導入を予定しています。当校の国際カリキュラムをご覧になりたい方は、キャンパスツアーをご予約ください。

教員

教師は、生徒の教育の旅の将来のコースを形成する上で大きな影響力を持っています。私たちの中等教育の教師は、新時代の学習媒体に挑戦するための十分な資格と経験を持っているだけでなく、彼らの社会的感情的なニーズを理解し、2つの間の完璧なバランスを取るのに十分な成熟した。彼らは、適切な自己訓練とアップグレードを通じて、教育部門の最新動向に遅れずに自分自身を維持することで、生徒の期待に応え、より多くを提供することができます。 

もっと知りたい

設備紹介

当校のキャンパスは、現代のニーズに合わせて設計されており、デジタル教室、アクティビティルーム、実験室などのハイテク設備を備え、インタラクティブで楽しい教育を提供しています。

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール(東京)では、情報技術、数学、科学、言語、ダンスや音楽などの様々な芸術を学ぶための特別な部屋が用意されています。また、エアロビクスやヨガ専用の部屋もあり、生徒の身体的・精神的な健康をサポートしています。

キャンパス内のスポーツグラウンドには、学校の授業中に生徒が遊べるオープンスペースがあります。低学年の生徒のためにブランコや滑り台などの特別な設備も用意されています。

もっと知りたい

ラーニングアウトカム

キャンパスの近代的なインフラは、伝統的な学習と未来的なテクノロジーを組み合わせたものです。教室では教師が相互作用、規律、議論を行う一方で、近代的な設備ではデジタルボード、無線LANシステム、年齢に応じた学習のためのポータブルデバイスなどのプラットフォームを通じて、知識が教室の領域を超えて広がるようにしています。このようにして、私たちは、学生が学業と将来のスキル開発の完璧なバランスを持った教育を受けられるようにしています。これが、当校が日本で最も優れたインターナショナル・インディアン・スクールであると評価されている理由です。数々の賞を受賞した「9GEMS教育法」を含むホリスティックな教育フレームワークは、学業やスポーツだけでなく、卓越したスキルやコミュニティでの生活、普遍的な価値観にも重点を置いています。

もっと知りたい