IBプライマリーイヤー・プログラム(PYP)

子供のためのモンテッソーリプログラム

PYPスクールのカリキュラムは、世界109カ国以上で実施されており、1年生から5年生(5歳から12歳まで)を対象としています。IBプライマリースクールのカリキュラムは、生徒が自らの学習の旅に積極的に参加できるように育成しています。

IBプライマリーイヤープログラムの教室

学校について

IBプライマリーイヤープログラム(PYPカリキュラム)は、探究心に基づいた学際的な枠組みであり、生徒が学習を深めることを奨励しています。PYPインターナショナルスクールのプログラムを通して、学生は知識とスキルの概念的な理解を深めます。

候補校

グローバルインディアンインターナショナルスクールは、PYPプログラムの候補校※です。2019年4月から本校キャンパスで開講しています。私たちは、私たちが初等教育プログラムの生徒にとって重要であると考えている、質の高い、挑戦的な国際教育へのコミットメントの共通の哲学を共有するIBワールドスクールとしての認可を追求しています。

ハイライト

IB - PYP 学生中心のアプローチ
1

学生中心のアプローチ

私たちは、生徒が学習プロセスの中心にいることを意識して、IB PYPカリキュラムの活動をデザインしました。これは、教師がファシリテーターやオブザーバーの役割を果たしながらも、生徒たちが積極的に参加し、探究心に基づいたIB PYPプログラムのアプローチに参加することを奨励することを目的としています。

2

学際的アプローチ

PYPの初等教育プログラムとその学際的な方法は、「私は誰なのか」「私はどこに属しているのか」「私の周りの環境の重要性は何か」などの重要な質問に対する答えを発見することを可能にしています。この方法では、教科から教科へと物語を紡いでいき、それぞれのテーマの本質を生徒に教えていきます。IBプログラムPYPのフレームワークは、生徒が得た知識を、思考、考察、分析、問題解決、評価に応用することを指示しています。

IB - PYP学際的アプローチ
IB - PYP コラボレーティブ・ラーニング
3

協働学習

IB初等教育プログラムは、学生がグループで仕事をしたり、共同作業をしたり、知識を高めるためにお互いに情報を共有したりすることを教えるプロジェクトや課題に参加するように設計されています。PYP教育プログラムは、生涯学習者としての学生の育成に焦点を当てています。学習は楽しくインタラクティブな方法で行われ、学生は問題を解決するためのチームワークとディスカッションの重要性を学びます。

提供する科目は

英語
第二言語 日本語かフランス語の選択
社会
数学
科学
美術・体育・社会・個人教育
今すぐお問い合わせ